空き家にオール電化リフォームをする際の注意点




オール電化リフォームが注目されている理由

東日本大震災発生以降、オール電化リフォームが注目されることが少なくなった様に思います。震災前には、オール電化リフォームはちょっとしたブームでした。

当時は、オール電化に関するコマーシャルや電力会社のイベントなども頻繁に行われていました。

当時私が勤務していたリフォーム会社にも、太陽光発電パネルの補助金制度の活用と併せて、オール電化リフォームの依頼が殺到した時期がありました。

ところが東日本大震災では、大規模停電が発生し、多くの人の生活に支障をきたしました。

その様子は、ほとんど毎日の様にニュース映像や新聞などで報道され、「電気だけに頼る生活は危険だ」という印象を多くの人に与えました。

また、電気代の値上げや原発問題に端を発したオール電化住宅の将来の不透明さが歯止めになった様です。

そもそもオール電化とは、住宅の調理・空調・照明・給湯に必要な熱源をすべて電気で賄うことです。

キッチンではガスコンロではなくIHクッキングヒーターを、給湯にはエコキュートや電気温水器を、冷暖房にはエアコンや電気式の床暖房などを使用します。

すなわち停電になると、調理も空調も給湯もできなくなってしまいます。

震災以降はこれらの不便さに加えて、さらに節電の世論も重なり、オール電化ブームは去ってしまいました。

しかし「オール電化」は本当に正しく理解されているのでしょうか。
オール電化リフォームは避けた方が良いのでしょうか。
また、災害発生時に弱いというのは本当でしょうか。

今回はオール電化リフォームについて、改めてまとめてみました。

オール電化リフォームを行う前に知っておくべきこと

大きな震災が発生すると、オール電化の家では調理も冷暖房も給湯もできなくなってしまうので不安だと思われる方が多いと思います。

確かにいざという時にライフラインが一つしかなければ、不安に思うのは当然でしょう。

しかし大震災では電気だけでなく、ガスや水道も使えなくなってしまうことが多いでしょう。

また、最近の調理器具や給湯機器などのガス機器は、電源や制御に電気も使っているので、実際にはガスは利用可能でも電気が使えなくなるとガス機器も使えないケースが多いのです。

マンションでは、電気が止まれば水道も使用できません。

この様に電気は、現代生活においては最も重要なライフラインなので、ガスに比べると復旧するまでの時間も早く、阪神・淡路大震災では、電気が7日で復旧したのに対し、ガスは復旧するまでに83日かかったともいわれています。

一方、東日本大震災の際には、節電が大きな世論になりました。

震災によって電力の供給能力が著しく低下してしまったため、それを超えた電力を使用すれば大規模停電が発生してしまうためです。

なるべく電気の使用を控えて、節電する様に呼びかけられました。

しかし、オール電化では電気の消費量の多い日中のピーク時ではなく、深夜に電力を使うので、1日の電気を効率的に使うことができ、電気使用量の平準化にも役立ちます。

その他オール電化リフォームに多くの人が持っている不安は

  • 工事が大がかりになるので、リフォームに時間がかかりそう
  • リフォーム費用が高額になりそう
  • 毎月の光熱費が高くなりそう
  • ガス調理器よりも火力が弱くて調理に時間がかかりそう
  • IHクッキングヒーターの電磁波が心配
  • 床暖房や浴室乾燥機など、ガスの方がパワーがあって機能も良さそう
  • 停電したら何もできなそうで不安

などです。

この様にオール電化について漠然としたイメージを持ったまま、正しく理解されずに誤解が生じている可能性もあります。

オール電化リフォームを検討する上では、オール電化に対する正しい理解が必要です。次項からはオール電化のメリットとデメリット、注意すべき点などについてご紹介します。

オール電化のメリット

オール電化の一番のメリットは、経済的なメリットではないかと思います。一般的に「オール電化住宅」というと、次の設備を備えている住宅をいいます。

  • エコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯器)または電気温水器
  • IHクッキングヒーター
  • 床暖房
  • 浴室暖房換気乾燥機
  • 食器洗い乾燥機
  • 太陽光発電システム

エコキュート電気温水器は、日中に使うお湯を安い深夜電力を利用してつくっておくことができるので、費用を安くすることができます。

特にエコキュートとは、家庭用の自然冷媒ヒートポンプ式給湯器の愛称で、「空気の熱でお湯を沸かす」というキャッチフレーズで、すでにお馴染みだと思います。

エコキュート | 給湯・暖房 | Panasonic
パナソニック株式会社 Panasonic 自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機・パナソニック エコキュートのページです。

給湯時に燃焼を伴わず、CO2を排出しません。

ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットで構成されていて、給湯や床暖房に利用できます。

割安な夜間の電気でお湯を沸かすので、ランニングコストの大幅な削減が可能になります。

フルオートタイプならば、自動湯沸かしはもちろん、自動保温や追い炊き機能なども備えていて、機能的にもガス給湯器と比べて遜色ありません。

また、意外と簡単な工事で設置が可能です。

エコキュートや電気温水器のタンクの水は、災害時には一時的な生活用水として利用することもできるので大変便利です。

オール電化ならではのお得な料金プランで契約すれば、さらに節約することができます。季節や時間帯によって料金単価が異なるプランは、夜間と早朝の電気料金が格安になっています。

料金プランを変えるだけでも光熱費の削減が可能です。
そして、光熱費を電気に一本化するので、ガスの基本料金も不要になります

尚、オール電化住宅にすると、太陽光発電との併用により、一層電気代を節約することも可能です。

日中に使用する電力は太陽光による発電でまかない、深夜は安い電力で給湯できるので、高い節電効果があります。

安全面では、オール電化住宅では「火」を使わないので、火災やガス漏れ、不完全燃焼、やけどなどの事故の心配が少なく、二酸化炭素の発生もないので、室内の空気汚染もありません。

オール電化にはしないまでも、ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換するリフォームは、常に人気の高いメニューです。

実はIHクッキングヒーターの方がガスコンロよりも火力が強いといわれています。

また、オール電化リフォームの意外なメリットとして、あまり知られていないメリットがあります。

ひとつめはオール電化住宅に対して火災保険の特別割引を設定している保険会社があることです。(AIG損保、セコム損保)

「オール電化住宅割引」と呼ばれています。

オール電化は火を使わないので、火災のリスクが低いと考えられるためです。

まだ割引制度を設けている保険会社は多くありませんが、条件があえば約7%~17%の割引になる(セコム損保カタログより)ので、かなりお得です。

火災保険の特別割引は新築住宅に限らず、オール電化リフォームした場合にも対象になることがある様なので、リフォームを機会に火災保険の見直しをしてみると良いでしょう。

ふたつめは、オール電化のリフォームローンには、住宅ローンよりも金利が安い優遇制度があることです。

オール電化、太陽光発電設備の設置、およびそれに伴う増改築等に利用可能で、店頭表示金利よりもさらに割引されます。

オール電化リフォームには初期設置費用がかかるので、このようなリフォームローンを活用できれば便利です。

条件は各金融機関によって異なるので、リフォーム前に確認すると良いでしょう。

オール電化のデメリット

オール電化リフォームの一番のデメリットは、初期費用がかかることでしょう。

費用の詳細は事項でご紹介しますが、決して安い費用ではありません。

さらに既設ガス管の撤去費用(オール電化住宅にするには、今まで使用していたガスメーターを撤去してガス栓を止める必要があります)や、プロパンガス使用で設備機器が無償貸与されている場合などでは、さらに費用が大きくなります。

そのためのお金を用意しなければなりません。

オール電化では、家庭のエネルギー消費の1/3を占めるといわれている給湯に、格安な深夜電力を利用します。

一方、オール電化住宅向けの電気料金プランは深夜料金が割安な分、日中の電気代単価はやや高めに設定されています。

昼間の電気消費量が多いご家庭では、節電効果は思うほど高くありません。

電気料金が割高になる昼間は電気製品の使用をできるだけ控え、タイマー機能がついた食洗器や洗濯乾燥機などは深夜電力を利用する様にすると良いでしょう。

その他機器に関するデメリットもあります。

エコキュートや電気温水器は、お湯をタンクにためておくため、一定の量のお湯を使うと「湯切れ」を起こすという問題があります。

また、IHクッキングヒーターの種類によっては手持ちの鍋が使えない、電磁波による健康被害が心配などの不満や不安の声もあります。

しかし、エコキュートを満タンモードに設定しておくことで湯切れの対応は可能で、IHクッキングヒーターの電磁波は、個人的には健康に悪影響を与える程の危険性はほとんどないと思います。

ただし、エコキュートのタンク容量以上にお湯を使用してしまうと、電気代単価が上がってしまい、コスト削減効果は低くなります。

また、まれにエコキュートや電気温水器の衛生面を気にする方もいます。

どちらも貯湯タンクに貯水するので、タンクに貯水されたお湯はそのまま飲料水にはできず、一度沸騰させなければなりません。

そしてエコキュートには、もうひとつ大きな懸念材料があるといわれています。

それは主に空気が圧縮される際などに発生する「低周波音」で、これによる不眠や頭痛、めまい、吐き気などのストレス系症状が問題となっています。

エコキュートのヒートポンプユニットが発する低周波音との関連性はまだ断定することはできないものの、否定はできないとされていて、かなりの被害件数もあって、実際に訴訟になっているケースもあるといいます。

こうしたリスクがあることはあまり知られていないので、注意が必要です。

ヒートポンプユニットを設置する際には、隣家から離して道路などの開放空間に面している場所に設置し、それができない場合には事前に隣家に説明した上で設置場所を決めるなどの対策は必須です。

IHクッキングヒーターについては、オールメタル対応タイプのIHクッキングヒーターならば、通常のIHでは使用できないアルミ鍋や銅鍋も使えますが、陶磁器や土鍋などは加熱することができないというデメリットがあります。

その他では、IHクッキングヒーターを使用する際、心臓用ペースメーカーをお使いの方は、念のため事前に医師に相談しておいた方が良いでしょう。

最後に、ライフラインが電気ひとつだけになることへの不安です。

停電や災害対策としては、カセットコンロや石油ストーブなどを備えておく様にすれば、充分に対応可能だと思われます。

オール電化リフォームをする際のポイントと注意点

オール電化へリフォームするには、すべての熱源を電気にする工事を行います。

ガス給湯器をエコキュートや電気温水器へ、キッチンのガスコンロはIHクッキングヒーターへ、冷暖房器具はエアコンや電気式床暖房へ交換します。

エコキュートは、エアコンの室外機ほどの大きさのヒートポンプユニットの他に、大型の冷蔵庫ほどの大きさのある貯湯タンクが必要なので、敷地内にこの2つを設置できるスペースが必要です。

またそれらの交換に伴う幹線工事や付帯工事、電気容量の変更や分電盤の回路増設が必要になる場合もあります。

ここで注意したいのは、初期費用をかけてオール電化を導入しても、必ずしも「得になる」とは限らない点です。

今までご説明してきた様にオール電化住宅の大きなメリットは、エコキュートで効率的にお湯を沸かすことができる点と、電力会社がオール電化普及のためにお得な料金プランを設けているために、それを利用して光熱費が節約できるという点です。

IHクッキングヒーターや電気式床暖房に変えても、ガス代が電気代に変わるだけで、光熱費の削減にはなりません。

オール電化にすることでコスト面でのメリットが得られるのは、オール電化リフォーム前のガス代が高額な場合です。

普段からそんなにガスを使用していないので、高いガス代を支払っていないというケースでは、オール電化リフォームしても経済的なメリットはほとんどないと思って良いでしょう。

オール電化導入のコストは一般的に約80~120万円といわれています。

一般的なガス給湯器付き風呂釜(24号)の交換が20~30万円程度なのに対し、エコキュート(貯湯容量370~430ℓ)の設置工事が60~90万円、ガスコンロの交換費用が15~25万円程度なのに対し、IHクッキングヒーターは20~30万円程度かかるなど、機器の交換工事代金(機器代金+工事費用)もガス機器の交換よりも高額になります。

新築住宅の場合は、ガス管を宅内へ引き込む工事や建物内外のガス工事がない分、コスト面で大きなメリットになりますが、リフォームではこの点はメリットになりません。

この価格差と月々の光熱費の差額を良く検討した上で、オール電化リフォームにコスト面でのメリットが本当にあるのかどうかを判断しなければなりません。

また、現在都市ガスを利用している家庭では、プロパンガスと比べてガス代が安く設定されているので、オール電化に変えても必ずしもコスト面で有利になるとは限りません。

さらに今後は、ガスで発電する「エネファーム」も徐々に普及していくと思うので、現時点ではオール電化を強くお奨めできる理由はありません。

エネファームは自宅で発電でき、発電量分の電気代を節約できるメリットがあります。

今後に大きな期待が持てる家庭用燃料電池コージェネレーションシステムですが、ガスが必要なため、オール電化住宅にすると使えなくなってしまうので注意が必要です。

オール電化リフォームの目的がコスト削減のみの場合には、十分にシュミレーションを行って良く検討した上で採用する必要があります。

一般的には、オール電化リフォームすることで光熱費削減のメリットが出るのは、リフォーム前の毎月のガス代が10,000円を超えていることが目安といわれているので、参考にしてください。

一方、IHクッキングヒーターを初めて使う方にとって、使い方や調理方法がわからない場合も多いと思います。

ガスコンロと違って火が出ないので、慣れるまで戸惑ってしまうことも多いかもしれません。

調理は毎日するものなので、不慣れなままだとストレスがたまってしまいます。

そんな不安がある場合には、リフォーム前にキッチンメーカーのショールームや電力会社のイベントなどで、IHクッキングヒーターを使用した料理教室や実演会などが時々開催されているので、利用してみるのも良いと思います。

オール電化リフォームの際には、とかく光熱費のみが取り沙汰される傾向があります。

しかし、電気代もガス代も将来どうなるのかについては、誰も正確に予想することはできません。

また、設備機器には寿命があるので、将来交換が必要になった時に、機器の価格がどうなっているのかもわかりません。

もちろん目先の光熱費の削減や省エネ問題は軽視することはできませんが、それだけにこだわらず、リフォーム後の機器の使い勝手や、より快適な住環境、将来の生活スタイルの変化なども考慮した上で選択することが重要だと思います。

まとめ

オール電化は、給湯・冷暖房・調理などの家庭での熱源を全て電気でまかなうことで、1980年代に誕生したといわれています。

その後エコに対する意識の高まりやIHクッキングヒーター、エコキュートなどのオール電化関連機器の製造、販売により、オール電化は順調に普及していきました。

ところが2011年に起きた東日本大震災を機に、全国各地で節電が叫ばれ、電気料金の値上げなどと共に、次第に伸び悩む様になりました。

オール電化住宅の数は、震災以降しばらくの間、やや横ばいの傾向が続いていた様です。

しかし、近年では電力自由化の影響もあってか、オール電化ブームが再発しそうな気配があります。

2025年度にはオール電化の普及数が1,000万戸にのぼり、普及率は日本の世帯数全体の約20%にまで増加するという予想もある様です。(日本のオール電化普及数は、2011年時点では約485万戸で、割合としては全体の約10%程度の普及率でしたが、2013年には約560万戸にまで増えているそうです)

これまで電気は、各地域の電力会社がそれぞれの地域に供給していましたが、電力自由化により、ガス会社や携帯電話会社・鉄道会社などが、それぞれが元々提供していたサービスと組み合わせて、より便利に電気が使用できる様になりました。

今後はますます電気事業に参入する企業が増え、数多くの電気事業者の中から最もメリットの高い電気事業者を選択できる様になるでしょう。

一方、オール電化住宅を検討する上で欠かせない設備として、太陽光発電システムがあります。太陽光発電システムを利用して発電した電気は、家庭内のあらゆる電気製品の動力源として活用できます。

空き家に利用できる太陽光発電パネルのメーカー一覧
世界規模での太陽光発電パネルのメーカーの推移 かつての日本は太陽光発電王国で、太陽光発電の導入量はトップでした。 しかし、200...

そして家庭で生産して余った電気は、電気事業者へ売却することができるので、電気代を節約するだけでなく、利益を生み出すことも可能になります。

これが一般的になれば、一層オール電化住宅の普及率が高くなるでしょう。電力自由化が、オール電化住宅の普及に拍車をかけることになる可能性が高そうです。

The following two tabs change content below.
益子公博

益子公博

住宅会社で20年以上リフォーム事業の責任者経験があり、リフォーム業界、住宅建築業界の裏事情やリフォーム現場には精通。ホームインスペクション(住宅診断)の専門会社を経営、住宅診断、欠陥住宅相談、リフォーム会社への社員研修など実施しています。
スポンサーリンク

土地・家・マンションの無料一括査定サイト40社