【親が急に亡くなった】空き家不動産の片付け・遺品処理方法と遺品整理会社の選び方

所有している空き家を売るにも貸すにも取り壊すにも、まずは家の中の大量の遺品や残存物を処分しないことには始まりません。
特に、田舎のご高齢者は戦後の物資不足を生き抜いた方が多く、もったいないからといって、あらゆる物を捨てずにため込んでいるケースが珍しくありません。

空き家対策は、家の中を空にすることからスタートするのです。

しかし、亡くなった遺族の空き家不動産を相続した場合、遺品となる家の荷物を簡単に処理することは、残された家族にとって心情的にとても難しい作業になるでしょう。

ご遺族の思い出の品々は可能な限り手元に残しておきたいでしょうし、換金すればお金になるものを単純に放置しておくのももったいない話です。
しかしながら、現実的には遺品すべて保管することは不可能であり、処遇方法を遺品ごとに考慮したうえで、計画的に整理整頓をしていく必要があるでしょう。

空き家に残された数多くの家財道具を、整理・片付けする方法は大きく6パターンあります。
今回の記事では「遺品」ということを前提にしつつ、空き家に残された家財道具・遺品を整理、片付ける方法をご紹介しながら、あなたに代わって遺品整理を行ってくれる遺品整理会社の選び方についても、併せてご紹介いたします。




目次

遺品の整理・処理方法は6パターン

空き家の中の遺品の整理・処理方法は大きく分けて6パターンあります。
そこでまずは、すべての物を以下の6つに分けることから始めましょう。

物の種類 整理・処理方法
1.形見分けにする物 自宅に持ち帰り、家族親族内で分配
2.換金できる物(小) 自宅に持ち帰る
3.換金できる物(大) 買取業者を呼び、査定後に売却
または保管
4.換金できない事情がある物 お焚き上げなど
または保管
5.廃棄可能な不要物 買取業者を呼び、査定後に売却
一般ごみとして廃棄する
6.廃棄が難しい不要物 買取業者を呼び、査定してもらって売る
業者に廃棄を依頼する
または自身で最終処分場に持ち込んで廃棄する

まずは家の総整理。空き家から持ち出せるもの全てを搬出する。

空き家の遺品整理の第一歩は先に述べたように物の分類をすることですが、1.形見分けにする物、2.換金できる物(小)を先にまとめて自宅等に持ち帰りましょう。
変に空き家に物を残しておかないことがとても大切です。

目安としては「この空き家から自宅(等)に持ち帰る物はない」というレベルまで、徹底的に空き家の中を調べて持ち帰りリストに記入、まとめて搬出してしまいましょう。

この段階で空き家に残す物に4色のテープを貼る

空き家の中の物が「大きくてすぐに持ち出せない物」と「廃棄予定の物」だけになったら、4色のビニールテープを用意してください。

そしてビニールテープの色を次のように分類して、すべての残存物に、いずれかのテープを貼り付けていってください。

物の種類 ビニールテープの色
3.換金できる物(大)
4.換金できない事情がある物
5.廃棄可能な不要物
6.廃棄が難しい不要物

例えば、比較的新しい冷蔵庫ならば「3.換金できる物(大)」ですので、黒いビニールテープを10センチほど切って、貼っておいてください。

このようにすべての物品を4色に分けることで、中古品買取業者を呼んだときに「黒と赤と青いテープが貼られている物だけを査定してください」と依頼できます。

また、ゴミ処理業者を呼んだときも、「赤と青だけ運び出してください」と指示できますし、処理方法を変更する際もテープを張り替えるだけで済むので、この後の空き家片付け作業がスムーズに進みます。

故人の通帳や土地権利書などの貴重品や思い出の品については、別途保管する

遺品を6種に分類作業しながら、通帳、クレジットカード、日記、ハガキや年賀状、土地の権利書といった故人にまつわる貴重品は6分類とは別途に保存しておきます。
インターネットサービスやゴルフクラブ会員権、レンタルビデオ会員権など、有料サービスを契約している場合は、後程会員証をチェックしながら、解約処理時に使用します。

別途保存をお勧めするのは、おおむね下記の品目です。

  • 預金通帳、印鑑
  • クレジットカード、デビッドカード
  • 株券、債券、ゴルフ会員権
  • 日記、手帳、メモノート
  • 住所録、電話帳、名刺
  • 携帯電話(メモリーカードのみ保存も可)
  • 不動産権利書、各種契約書、金銭貸借消費契約書
  • 年金手帳、保険証券(生命保険、傷害保険、自動車保険他)
  • 会員証の類(有料サービスなどの解約時に必要)
  • 自営業者ならば会計帳簿、決算書類、領収書、レシート他
  • 鍵は全て保存

これで片付けのスタートラインに立ちました

色つきテープでなくとも、ポストイット等での代用ももちろん可能ですが、いずれにしましても、空き家の中のすべての物を6種類に分けないことには、遺品整理も不用品の処分も効率的には実行できません。

あらゆる遺品を6種類に分けることで、ようやく空き家内の片付けスタートラインに立ったことになります。

遺品分類1.形見分けにする物

ご説明をするまでもなく、形見分けとは、空き家の所有者だった亡くなった方(被相続人)の愛用品などを家族や親族、友人などで分けることです。
形見分けを目上の人に行うと無作法とされていた時代もありましたが、今現在ではそういった風習も薄れ、誰もが形見分けを受け取ってもよいことと変容してきています。

神聖な行為なのですが、愛用品の中には高価な物や換金性が高い物が含まれている場合もあるので、形見分けを取り仕切る遺族や相続人は、この作業を慎重に行わなければなりません。

形見分けの時期と気を付けたい4つのポイント
形見分けを行う際、何に気を付けておかなければならないのか、どのような方法で行うのか、知らない方がほとんどではないでしょうか。 形見分けを行う時期や、注意点などをご紹介します。 「小さなお葬式のコラム」では、終活にまつわる最新事情やノウハウ、雑学に至るまで、気になる情報をお届けします!

形見分けは遺産分割を先に済ませてから

形見の品も遺産になるので、まずは相続人間での遺産分割を済ませておく必要があります。
特に換金性の高い物が形見分けされた場合、ほんの些細なすれ違いなどから、深刻な相続争いにまで発展する可能性も考えられますので注意です。

どんなに仲の良い家族、親族間でも、相続に関しては念には念を入れた手順で用意周到に進めることこそが最も安全な選択肢です。

空き家不動産の相続税計算と税回避の知恵8選
空き家を相続したばかりのあなたはいま、「相続税はどうなるのだろう」と悩んでいることでしょう。実際「相続税が高くなったらしい」「今まで...

尚、故人が遺言で遺産の分配を指示していないと、遺産はいったん相続人全員の共有財産になります。
そして相続人全員で話し合いをして、誰が何を相続するのかを決めます。
これを「遺産分割協議による遺産分割」といいます。
この遺産分割協議でもめた場合は、調停や裁判で結論を導くということになります。

繰り返しになりますが、形見分けを取り仕切る人は、兎にも角にも遺産分割をまず先に行い、形見の品を含む遺品を故人の遺志に沿うよう、または法で定められたようにして、相続人全員に渡してください。

その後にようやく、残った遺留品を形見分けしていく…という段取りを踏まないと、相続人間で深刻なトラブルを招くかもしれません。

空き家不動産相続の場合、可能な限り兄弟など相続人全員が立ち会いのもとで片付けを行うべきでしょう。空き家整理に参加しない相続人がいる場合は、参加する人に逐次作業における個別判断を任せる、という旨の同意を得ておくことが重要です。
相続した空き家不動産の売却 = 譲渡所得税で後悔しないための6つの知識
亡くなった親から相続した空き家と土地を売却して収入を得た場合、その所得に対してかかる税金を「譲渡所得税」といいます。 どのよう...
遺産分割とは|親族と揉めず有利に進める方法を解説|相続弁護士ナビ
遺産分割を行うとき、遺産の額が大きいと相続人同士、兄弟間でトラブルに発展するケースが多くなります。本記事では、遺産分割の基本的な方法をご紹介するとともに、トラブルになった際の解決方法をご紹介します。

最近は目上の人に形見分けを行っても問題ない

かつて形見分けは「故人の目上の人には渡さない」という風習がありました。

例えば企業の部長が亡くなった場合、部下には形見分けをすることができますが、社長には形見分けの品を渡さないことになっていました。

しかし今現在は、それほど堅く昔の風習を考えないでもよくなりました。
もしも故人の遺言があったり、目上の人が故人の思い出の品を求めたりした場合は、形見の品を差し上げても問題はありません。

物品を受け取る人には、形見分けに贈与税がかかることを必ず伝えておく

形見分けを取り仕切る方は、換金性の高いもの(例えば時計、宝飾品、美術品といった、高額売却が見込めるもの)を誰かに差し上げるときは、贈与税がかかる可能性があることを必ず伝えてください。

形見の品に税金がかかるなど、全く知る由もなかった…という言い訳は、税務署に対しては一切通用いたしません。

直接的に「贈与税に気を付けてください」とはなかなか言いづらいでしょうから、「高価なものと思われますので、もしかしたら税金面でご負担になるかもしれません。その上で形見として受け取っていただけますでしょうか?」とそれとなく伝えるようにしましょう。

ちなみに贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間にもらったすべての財産を合計し、110万円を超えた場合に課税されます。

国税庁ホームページリニューアルのお知らせ|国税庁

形見分けを行うには、相手と個人の関係に対する細かい気配りが欠かせない

形見の品を人に渡すときは、包装をしないまま譲渡する仕来たりになっていますので、「失礼かな?」と感じたとしても、そのまま包みのないまま、直に物品を譲渡してください。
全く礼を失していることには当たりませんので、心配は無用です。
壊れやすい形見の品は半紙などで包むとよいでしょう。

包装はプレゼントなど祝いの品を渡すときの風習です。

ところで、故人とどんなに親しい関係にあった人でも、形見の品をもらうことを迷惑に感じる人もいらっしゃいます。
個人的事情や公務員等といった職業柄を理由に、贈与税などを大変に気にしている方も世の中には少なからずいらっしゃいますし、もらった故人の品が万が一不要になったとしても、売却したり処分したりするのは心苦しく、そういった心理的負担を嫌う方もいます。

形見分けを取り仕切る人は「形見の品は捨てにくいもの」「時には形見の品が心理的負担になる場合もあるもの」と理解しておいてください。

無理に押し付けないようにするのはもちろんのこと、「気持ちよくもらっていただけるかどうか」は相手の言葉のニュアンスから判断するしかありません。

更に逆のパターンもあります。

故人とほとんど関係のない人が、図々しくも形見の品を要求しに来るケースです。
後から「故人はあの人のことが大嫌いだったのに、なんで形見を上げてしまったのか?」と親族からも糾弾されないように、事前に家族会議を開いて誰に何を差し上げるかを決めておくべきでしょう。

遺品分類2.換金できる物(小)

比較的容易に空き家から持ち運べるサイズで、換金性が高いものはどんどんお金に変えてしまってよいでしょう。
該当するものとして、書籍、衣類、靴、絵画や彫像などの美術品、CD・レコード、DVD、腕時計、貴金属、ブランド品、高級食器、各種骨董、ゲーム機器などがあります。

こういった小口で換金性のある遺品については、それぞれの専門買取業者にまずは買取依頼を持ちかけるとともに、思ったような値段で売却できなかった場合は、ヤフオクやメルカリといった個人売買で換金していく方法が考えられます。

書籍の買取査定

同じ書籍の買取でも、医学書、大学受験参考書(赤本・青本含む)、資格試験参考書といったような独自分野商品の買取のみを行っているがゆえに、思ったよりも高額で引き取ってくれる業者が数多くいることも知っておいてください。

また、古い家に貯蔵されている古書といった一部の書籍は非常に高額で売却できるケースもありますので、アマゾンドットコムの中古書籍販売相場を調べて、高額売却が可能な書籍は別途交渉をして、他の書籍のように二束三文で売却しないように留意します。

本・書籍 | Amazon - アマゾン
本・書籍の通販ならアマゾン。 新刊から古本まで豊富な品ぞろえ。Amazonポイント還元本も多数。代引きやコンビニ受け取りも可能。Amazon.co.jpが発送する本は、配送料無料でお届け。本を買うならAmazon.co.jp。

因みに書籍は量が重なると非常に重量がありますので、出張買取り業者に依頼をするほうが便利なのも知っておいてください。

衣料品の買取査定

衣服や衣装ケースの中を整理していると、ポケットなどから思わぬ故人にまつわる思い出の品が出てくることがあります。
衣料品を売却する際は、必ずポケットまでしっかり調べてから売却査定に出すことをお勧めいたします。

特徴的な商品の身を取り扱う買取業者の例

医学書・医学専門書、看護学・薬学の大学教科書や専門書の買取



レトロゲームの買取



貴金属、ブランド、腕時計、ブランド衣料品、和服の買取



ゴルフクラブ・ゴルフ用品の買取



ピアノの買取



遺品分類3.換金できる物(大)

次に換金できる遺品で、物のサイズが大きく運びだしが難しいものについて考えてみます。
主に家具や自動車、バイク、農機具等が該当してくるでしょう。

物の種類 処理方法
2.換金できる物(小) 自宅に持ち帰る
3.換金できる物(大) 買取業者を呼び、査定後に売却
保管

高く売るための方法は2つ。「1.複数の買取業者を呼び価格比較する」、「2.まとめて買取ができる業者に一括買取を打診する」

換金できる物(大)の代表的には、タンス、冷蔵庫、洗濯機、机と椅子、ソファといった家具類、シャンデリア、大きな壺のような調度品、自動車やバイクなどがあります。
これらの遺品はできるだけ高く換金できるように、あえて処分を急がないようにしてください、中古品として売るときは、複数の買取業者を空き家に呼ぶことで買取価格を相対比較して最も高く買い取れる業者に売却を優先したいからです。

また、複数の遺品をまとめて買い取ることで、買取総額に「イロ」を付けてくれる業者もいますので、一気にまとめて査定してもらう価格交渉戦略もありでしょう。

また清掃業者呼ぶときにも同様に、複数社に声をかけて処分費用を見積もりしてもらってください、常に比較検討が必須です。

言うまでもなく、相続人たる空き家所有者は、中古品の素人です。
高く売れると思った物が希望価格する売れなかったり、無価値と思っていた遺品が思ったよりも高値で売れたりすることもあります。

素人ではその価格相場判断が難しいため、空き家所有者としては中古買取業者や清掃業者を競業させて「最高値」を出してくれる業者を選ぶのが最も簡単かつ確実な方法ですし、一括買取のような交渉事も不要です。

そのために、多くの物品を「空き家という1カ所の売却会場」で一覧できるように整理整頓しておくことは、買取業者にも空き家所有者にも双方にメリットがあります。

複数の買取業者や清掃業者の価格比較をするには、一括買取サービスへの申し込みも視野に入れる

先に説明したように、遺品中古品の買取業者は複数呼ぶのが基本です。
買取業者には取り扱いが得意な物品と苦手な物品がありますので、それぞれの強みと弱みを組み合わせて、複数業者に売却予定の遺品を引き取ってもらいます。

日曜家具を集中的に集めている買取業者は家具に良い値段を付けてくれますが、骨董や趣味の品には興味を示さず安値を付けられてしまいます。
その逆もまた然りです。

同じことは清掃業者にも言えます。
大型ゴミしか扱わない業者もいれば、便利屋のようにすべてをキレイに処分してくれることもあります。

清掃業者は地元密着の商売をしているので、複数の業者に分けて発注したほうが処理費用が安くなることもあれば、単独業者に依頼したほうが安くすることもあるのです。

また、ネット全盛の今の時代では「一括見積もりサービス」が非常に便利となっています。
1度の問い合わせで複数の業者がまとめて買取オーダーに参加してくれますので、いちいち多数の業者に声を何回もかけるという面倒さが不要ですので、1度利用を考えてみるべきでしょう。

遺品分類4.換金できない事情がある物

空き家に残された遺品で、最も気遣いが必要な対象が「換金できない事情がある物」です。
仏具、仏壇、神棚、神具などはまさにその代表といって良いでしょう。
心情的に捨てるにも捨てられず、売るにも売ることができず、保管するにもスペースを取るために、処理方法にとても迷ってしまう遺品類です。

ご先祖様に申し訳ないのですが、最も処理に手間がかかるといわざるを得ないでしょう。

仏壇と人形等、魂が宿ると考えられている物の取り扱い

換金できない事情がある物の筆頭、大きな仏壇。
古い家ですと、和室の最も目立つ場所に住宅に備え付けられた形で仏壇が設置されていると思います。
仏壇そのものの大きさも、古ければ古いほど大きい傾向があります。

宗派にもよりますが、お坊さんに頼んで仏壇に祭られている位牌の霊を小さな仏壇に移設して、相続人の自宅に持ち帰ることができます。
しかし空き家を解体するときに、家に備え付けられた仏壇本体をそのまま取り壊すことは忍びないと思います。

また、仏壇と同じ立場にあるのが故人が大切にしていた「人形」です。
人形は人の形をしている上に、持ち主の思いが込められているので、簡単に燃やして処分するといった気持ちになれません。

仏壇と人形は、どのように対処をしたらよいのでしょうか。

仏壇供養、人形供養をした上で処分する

スピリチュアルで宗教が関係する仏壇などは、お焚き上げ等の宗教上サービスを利用するのが最も手早く確実な方法といえるでしょう。
お焚き上げとは、お寺のお坊さんが物品から魂を抜く儀式です。

仏壇も人形も物理的には物にすぎませんが、日本人は精神世界を重んじる国民性があるため、単なる物体として廃棄することに抵抗感を持つはずです。
そこで、お焚き上げ供養サービスを利用して、仏壇と人形の魂を慰めることができれば、安心して処分することもできます(通常、お焚き上げサービスをしてくれる宗教団体などが処分そのものを代行してくれます)。

お焚き上げの対象となるのは、次の通りです。

仏具、仏像、仏画、掛け軸、位牌、経典、経本、お守り、お札、絵馬、腹帯、遺影、生前の写真、人形、かばん、財布など。

お焚き上げを受け付けているのはお寺等の宗教法人だけではありません。
数は多くありませんが、お焚き上げに対応してくれる企業も存在しています。
そのような企業は、お焚き上げが必要な物品とそのまま焼却して構わない物品を区別した上で、前者をお寺に持ち込み魂を抜いた上で一括して処分してくれます。

遺品供養(お焚き上げ供養)|供養のご案内|大阪府泉南市の浄土宗寺院|真如寺
大阪府泉南市の浄土宗寺院 真如寺 |仏事のご相談(葬儀・納骨相談)にお答えします
本寿院の人形供養
東京本寿院では人形供養を毎日受付けております。お人形さんに感謝の心を込めてご供養申し上げます。予約不要。郵送・宅急便などでも受付けております。…
http://www.takiage.jp/info/

遺品分類5.廃棄可能な不要物

処分が面倒という理由で、遺品が空き家の中に放置しっぱなしの場合でも、先に上げた理由の通り、できるだけ分類して換金できるものは換金したほうが良いでしょう。

特に田舎の旧家を相続した人は、パッと見は単なるゴミのように感じられるものでも、好事家の間では骨董価値が見いだされる古家具や調度品があることを知っておくべきです。
今の時代、ヤフオクやメルカリに出品しておくだけで「なんでこんなものが?」という物にまでお金を出してくれる人が見つけやすい時代です。
ご自身の価値観のみで「換金できない」と判断しないほうがいいでしょう。

ヤフオク! - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ
ヤフオク!は、お店にないものも見つかる買える 日本最大級のネットオークション・フリマアプリです。圧倒的人気のオークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん!
https://www.mercari.com/jp/

ここまでやっても換金できない場合は、廃棄という選択肢になってきます。
ご存じの通り、家具や調度品の廃品廃棄を行う場合、自治体サービスを利用するにせよ、販売元メーカーや民間廃品回収業者を利用するにせよ、有料となってくるのが一般的ですので、一定のコスト出費を覚悟してください。

廃棄物の処理は自治体によってルールが異なる

廃棄すると決めた物に関しての処理方法は、自治体によってローカルルールにかなり差異があるのが実際です。
詳しくは自治体のウェブサイト等を参考にしていただくとして、ここでは大凡どの自治体でも共通するルールについて記しておきます。

家電リサイクル法対象となる物

家電リサイクル法とは、一般家庭から排出された家電ゴミをリサイクルすることによって、家庭ごみの低減と資源の再活用を促進する法律です。

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)(METI/経済産業省)

対象となるものは所謂「家電4品目」です。

  1. テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)
  2. エアコン
  3. 冷蔵庫・冷凍庫
  4. 洗濯機・衣類乾燥機

回収方法は、家電4品目を購入したお店に回収を依頼することとなります。
引き取り方は店舗によって異なりますので、個別相談が必要。
また、購入したお店が遠方にある場合は最寄りの自治体に処分方法を相談すると、適切な廃棄方法を教えてくれます(自治体によっては、指定の回収場所に廃棄物を持ち込むことによって回収代行をしてくれますが、当然有料です)。

一般的には家電販売業者が空き家に訪問の上、廃棄家電を回収してくれます。
そのためには家電リサイクル券を有料購入する必要があります。

家電リサイクル券の見本(引用:http://www.meti.go.jp)

尚、廃棄に必要となる料金はメーカーや製品別に異なっていますが、おおむね下記のような料金体系になっています。

引用:http://www.meti.go.jp

家電リサイクル料金一覧 | RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター
家電リサイクル法に基づく小売業者の、業務の管理・運用を効率的に支援するために設けられたのが「家電リサイクル券システム」です。また、その運用を行うために設置されたのが家電リサイクル券センターです。

違法な不用品回収業者に注意

引用:http://www.meti.go.jp

家電リサイクル法施工以降も、無許可で一般廃棄物を回収する民間企業はいまだ多数存在しています。
なかには、廃品回収を無料でおこなっていると喧伝しながらも、いざ店舗に出向いたら「実は有料です」というように、後で突然手のひらを反してくる業者も含まれています。
こういった違法な不用品回収業者には、非常に高額な廃品回収料金を請求してきたり、引き取った不用品を河川敷や山間部などで日常的に不法投棄しているような、悪質な例が後を絶ちません。

通常、一般廃棄物収取運搬業及び処分業の無許可営業は5年以下の懲役、1000万円以下の罰金となる厳しい処分が科されらます。
こういった業者に遺品の回収廃品依頼をしないよう、十分に気を付けてください。

工場や企業のゴミ回収ができる業者は「産業廃棄物処理業許可」を持っている業者ですが、家庭ごみ回収ができる業者は「一般廃棄物処理業許可」が必要です。
この2つの許可を意図的に混同する形で喧伝し、本来は一般家庭からゴミ回収を行う許可がないのにもかかわらず(産業廃棄物処理業許可の身しか持っていないケースなど)、家庭から一般ごみを回収しようとする業者は特に注意が必要です。
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/recycle/027183.html

パソコンの廃棄

パソコンもテレビと同等にかさばり、廃棄処理が面倒な遺品の1つです。
メーカー各社ではパソコンもリサイクル活用を推し進めていますので、遺品のパソコンに「PCリサイクルマーク」が添付されている場合、廃棄時には料金負担がなく廃棄処理が可能となっています(平成15年10月以降販売のパソコンに限る)

PCリサイクルマーク(引用:http://www.pc3r.jp/home/pcrecycle_mark.html)

PCリサイクルマークがついていないパソコンの場合でも、回収再資源化料金を負担して、メーカーに引き取ってもらうことが可能です。

尚、パソコンにはクレジットカード番号、個人情報、プライベートな画像その他の情報が集積されており、それらはハードディスクを物理的に破壊しない限り第三者によりデータ再現が簡単にできてしまいます。

重要なデータを取り扱っていた履歴があるパソコンを廃棄する場合は、ハードディスクだけを抜き出して別途破砕処理をするか、専門業者にハードディスクデータの完全抹消を依頼する方が無難ですので、覚えておいてください。

医療廃棄物の処理

故人が病気を患っていた場合など、空き家内に注射器、注射針、輸液ライン、カテーテルといった医療廃棄物が残されているケースがあります。
医療廃棄物は処理の方法がそれぞれの自治体で厳格に定められていますので、詳細は自治体ウェブサイトなどで確認して、事故の内容に処分しなければなりません。

医療廃棄物を家庭一般ごみと混ぜて処分してしまうと、廃棄物処理法違反に問われる可能性が高くなりますので、重々注意が必要です。

名古屋市における医療廃棄物処理方法の例

高齢者宅の不用品蓄積スポット

体が必ずしも万全ではない高齢者が住んでいた空家の場合、長年使用しなかった不用品がたまりやすい場所(不用品蓄積スポット)が発生しやすくなります。
それらは高齢者の手が届きにくい場所であり、一般的には下記のような場所がヒントとなります。

高齢者宅の不用品蓄積スポット

・押入れ、物入れ、屋外の物置
・納戸の奥の方
・高い棚やタンスの上
・段ボール箱の中
・ガレージの奥
・部屋の隅に放置されたプラスチックケースや紙袋

遺品分類6.廃棄が難しい不要物

自治体の通常収集で回収不可能な物を適正処理困難物と呼びます。
先の家電リサイクル法の対象となる家電4品目やパソコンも該当しますが、自転車、バイク、タイヤ、バッテリー、業務用コピー・ファックス、農作業用機械、ガスボンベ、がれき、耐火ボード、石膏ボードなどの建築資材、砂利、墓石、庭石、便器、金庫、ピアノ、オイルヒーター、消化器…などなど、売れ残ってしまったが処分をどうしよう?と悩むものの多くが、適正処理困難物に該当してきます。

家電やPCのようにメーカーが責任もって回収してくれる体制があれば話は別ですが、墓石や建築具材、ガスボンベ、庭石などは処分に本当に困ってしまう、いわば最後の砦です。

このように、最後まで手元に残ってしまった適正処理困難物に対しては、自治体も民間廃棄物処理業者の活用をお勧めしています
それぞれの自治体では利用を推薦する廃棄物処理業者一覧をウェブサイトなどで公開していますので、そこに記載された業者に相談するのが第一歩といえるでしょう。

http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1138858543456/index.html

また、インターネット上で見つかる遺品整理会社では、こういった処理が難しい適正処理困難物についての処遇も併せて行ってくれますので、この段階までくれば、遺品整理会社に依頼をかけてみるのも非常に有効な手段となってきます。

遺品整理会社利用のメリット

1.空き家片付けがたった1日で終わる
2.分類作業を自分でやらずに済む

遺品整理会社の選び方

遺品整理業者は近年注目されているビジネスということもあって、様々な業種からの参入が激しい激戦ビジネスとなっています。
ほとんどの遺品整理業者はローカル零細企業であり、実際に仕事を依頼してみるまでは、どの業者が誠実でどの業者がそうでないかといった判断基準が一切不明なため、依頼先選択が非常に難しいのが悩ましい限りです。

遺品整理には地元のシルバーセンターなどを使って安価で済ます方法もありますが、大きめの家具廃棄などは難しく、簡単なゴミ掃除と片付け程度に作業が制限されてしまう可能性があるので注意です。

遺品整理会社の一括見積り・検索サイトを活用

判断が難しい遺品整理会社選びですが、今は遺品整理会社を相対比較できる一括見積もりサイトが誕生しています。
面倒な業者比較を何回も行う必要がなく、1度の検索登録であなたご自身の所有空き家に近いエリアの業者複数の価格を相対比較することができますので、こういったサービスは常に利用して効率的に空き家の遺品処理作業を進めていきたいところです。

尚、見積もり比較までの利用は完全に無料ですので、とりあえず回収料金だけを見積もってもらった上で、後日ゆっくり比較して一番リーズナブルな回収業者を選ぶことも可能です。

例えば下記の「みんなの遺品整理」では、全国250社以上のの遺品整理会社から適切な企業を3社まとめてピックアップして無料見積もりを出してくれますので、遺品整理に迷ったらとにかく1度は連絡をしてみることをお勧めいたします。




遺品整理会社利用上の注意

遺品整理のプロに外注したので、それだけで空き家片付けがすべて終了…となればよいのですが、現実的にはいくつかのポイントを押さえながら、自分自身が遺品整理会社の作業状況をしっかりと目視監督する必要があります。

遺品管理会社とはいえミスが発生するケースも考えられますので、彼らの作業に立ち会いながら、逐次「それは捨ててよい」「それは取っておく」などの管理監督指示が不可欠です。

以下、遺品整理会社に業務委託をする場合の注意次点について、もう少し詳しく見ていきましょう。

1.依頼したいこと、依頼したくないことを明確に伝える

実家という最もプライバシー性の高い場所に外部業者を迎え入れて作業をしてもらうため、やってほしいことと、そうでないことを明確に遺品整理会社に伝えておく必要があります。

例えば、特定の部屋については一切手を触れないどころか、立ち入ってほしくないという要望だったり、一見ゴミに見えるようなものでも、必ずあなたの確認を逐次とってから廃棄してほしい…といったことまで、何でも事前に明確にしましょう。

2.空き家のエリア、延べ床面積などの条件にマッチするか?

遺品管理会社によっては、様々なお片付けコースをサービスメニューとしてバラエティ豊かに揃えているところがあります。
それらの中に、あなたが片付けたい空き家の所在エリア、延べ床面積などの条件にマッチしたコースがあるかどうかを事前に見極めてからオーダーしてください。

3.現場の立会いは必ず行う

上記に既に書きましたが、遺品整理会社の作業には必ず立ち会ってください。
こまかない行き違いやミスも防げるうえに、業者の立場としても、判断に迷った時にすぐあなたの確認が取れるという環境は、非常に仕事がスムーズに進むベストな条件です。

万が一、片付け対象お実家が遠方にあるなどの理由で立会いができない場合は、事前に打ち合わせを電話等で綿密に行ったうえで、するべきこと、しないことの区分けをしっかりと書いたメモを遺品整理会社に渡しておきましょう。

まとめ – 空き家の遺品整理には時間がかかる。分類から一歩一歩時間をかけて行うか、一気に遺品業者におまとめ依頼してしまうのも1つの方法

空き家の片づけ、とくに相続後の遺品整理については、非常に手間暇もかかるうえに、遺産分割も絡んで非常に複雑な作業になってくることがしばしばです。

また「日本人には宗教がない」と外国人からよく言われることですが、その代わり土着の神道を元にした、すべての物に紙が宿るという信仰感情を強く持つ国民性があるため、仏壇や故人の思い入れが強い遺品に対する処理が更に難しくなってきます。

とはいえ、空き家の遺品整理は、相続人にとっては早急に解決すべき大きな問題であることは変わりありません。
遺品整理が滞っているばかりに、空き家そのものの売却処分に踏み切れない方も少なくないでしょう。空き家を売るには、まず中身を整理しないと始まりません。

それは反面、遺品や空き家の中の物品さえ整理できさえすれば、心の整理と踏ん切りがついて空き家処分にもスムーズに乗り出すこともできるはずです。

あなたの頭痛の種になっている空き家不動産の処置は、賢い遺品の整理からまず始まることを是非知っておいてください。

The following two tabs change content below.
空き家隊長

空き家隊長

実家の相続をきっかけに空き家問題に直面。すったもんだの末に何とか売り抜ける。その際に経験したこと、様々な外部のプロに教えて頂いた空き家問題、土地活用問題について記事にしていきます。
スポンサーリンク

土地・家・マンションの無料一括査定サイト40社